ベッドとコンセントの位置の確認は必須!

コンセントの位置と個数を確認しましょう

賃貸物件を借りる上で、コンセントの位置と個数は重要です。特に、大抵の古い物件は、コンセントの数が少ないので、うっかり借りるとタコ足配線だらけになって危険と言えます。タコ足配線は発火や漏電のリスクが増すからです。もっとも、築年数が古い物件でも、リノベーションによりコンセントを増設していることも多く、一概に古い物件のコンセントが少ないとは言えません。また、コンセントの数が十分でも、一部屋に集中していたり、手が届かない高所に多く設置されていたりする物件は使いにくいでしょう。

誰でも手の届く低位置にあっても、家具の陰になる場所では使い勝手が悪くて仕方ありません。家具を置く位置をイメージしながら内見し、必要な場所にコンセントがあるか確認することが望ましいです。

ベッドルームのコンセントの位置に注意

ベッドルームでは、ベッドの枕側にコンセントが設置されていると便利です。枕元にはブックライトやフットライトが必要だし、就寝前や起床後にいじることが多いスマホやタブレットの充電も必須と言えるでしょう。ベッドの向きと頭の位置を考え、足元にしかコンセントが設置されていない物件は、借りた後延長コードを常用しなければならず不便です。寝室には、エアコン用のコンセントが高所に1つ、枕元に少なくとも2つは不可欠と言えます。そのほかに、足先にも掃除機や空気清浄機用に最低限2つほどコンセントが必要でしょう。

また、枕元のコンセントは低位置にあることが求められます。ベッドに寝転んだまま手を伸ばしてスマホやタブレットの充電コードをコンセントに繋げることが多いからです。

札幌北区の賃貸では庭がついた物件も用意されていて家族でのバーベキューやガーデニングなどに活用することもできます。