エントランスやエレベーターは綺麗?共有部分のチェックも必須

管理人が不在の場合、掃除が行き届いていないことも

賃貸マンションは分譲と違い、管理人が常駐していない所も多いです。管理人がいる場合は建物の外部も中も見て回り、ゴミを拾ったり掃除をしたりしてくれます。しかしながら不在のマンションは日常的に管理人のチェックが入るわけではありません。それゆえに、エントランスなども汚れていることもあるでしょう。 賃貸マンションの案内の際は、どうしても個々の部屋ばかりをチェックしがちです。しかしながら集合住宅に気持ち良く住むためには、共有スペースも清潔でなければなりません。部屋だけでなくエントランスやエレベーター、駐車場や備え付いた公園などもよく見ておくことが大切です。ゴミが落ちていないか、落書きはないか、夜間も安心して通れるかなど確認しておきましょう。

共有部分を見てこそ分かること

賃貸マンションは、共有スペースを見てこそ分かることも多々あります。
例えばゴミステーションは必ずチェックしておきたい箇所です。決められたゴミの日でないのに捨てている人がいてカラスが荒らしているようでは、住んでいる人のマナーが問われます。不潔なゴミステーションのマンションは、ゴキブリが多い可能性も高いです。
また、駐輪所はどうでしょうか?綺麗に整理して自転車が並んでいるならば、気配りのできるきちんとした住人が住んでいると言えるでしょう。
集合ポストもチラシが破られて捨てられていないか見ることで、だいたいのマンションの雰囲気が掴めるのではないでしょうか。気持ち良く暮らせる住まいかどうか、しっかり判断することが大切です。