賃貸内見は本当に必要?

賃貸の内見は必要なのか

賃貸物件を探す際、気になる物件は内見をする人が多く見られます。しかし中には「賃貸内見って本当に必要なの?」と考える人もいるかもしれません。賃貸物件の情報サイトを見れば、間取りや付随している機能、室内外の写真など、基本的な物件の情報は得ることができます。これだけわかれば特に現地で内見をする必要はないのでは、という考えです。もし内見できない特別な事情があるとしたら内見なしで物件の契約申し込みまで進むのもやむを得ないところではありますが、できる限り内見しておくことをおすすめします。なぜなら、ネットや紙面ではわからない物件の特徴を、内見の際に確認することができるからです。安易に内見を省略して物件を決めると、入居後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することになる可能性もあります。

賃貸内見でチェックできるポイント

賃貸内見でチェックできるポイントはさまざまです。例えば日当たり。写真だけでは物件の日当たりは判断できません。日当たりの程度によって室内の雰囲気だけでなく、湿気の具合も変わるので重要です。また、物件の広さも内見で確認しておくと良いでしょう。もちろん間取り図に面積は記載されていますが、実際に室内に入ると室内の色や天井の高さ、窓の個数・サイズなどによって面積とは異なる印象を持つこともあります。

また、内見で確認すべき重要なポイントとして周辺環境が挙げられます。例えば隣近所とどの程度離れているか、どのような様子かなどは確認しておきたいところ。近所の治安なども情報だけでは判断しきれません。朝昼夜の時間帯によって雰囲気が変わる地域もあるので、可能であれば時間帯を変えて複数回内見しておいた方が安心です。