意外と見落としがち!両隣のベランダのチェックも忘れない

ベランダにタバコの吸い殻がないかチェックしよう

快適な暮らしをするためには、部屋を探す際に周囲の環境や部屋の間取り、賃貸設備などを隈なくチェックすることは大事です。そして、両隣のベランダがどのような状態なのか確認することも忘れてはいけません。タバコの吸い殻が大量に落ちているとトラブルに発展する恐れがあるからです。部屋の中でタバコを吸うと衣類に臭いがついたり、煙でむせたりするためにベランダでタバコを吸う人は少なくありません。しかし、隣のベランダでタバコを吸われてしまうと、タバコの煙が漂ってきて窓を開けられなくなる可能性があります。また、ベランダに洗濯物を干している場合、タバコの臭いがついて不愉快に感じる恐れもあるのです。このようなことから、部屋を探す際には両隣のベランダをチェックすることが大事ですよ。

ベランダが汚くないか

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りた場合、自由にベランダを使ってもいいと勘違いしている人は多くいます。しかしながら、実はベランダとは居住者の専有使用が認められた共用部分です。もしも火災や地震などの災害が発生した際に、ベランダは避難経路として使われることになります。実際にベランダには緊急用のはしご、脱出口などが設置されています。ベランダにゴミや使わない電化製品、キャンプ用具などを置いている人も多いですが、安全のために絶対にやってはいけないことなのです。両隣のベランダに大量に物が置かれている場合、何かあった時にすぐに逃げられない恐れがあります。したがって、部屋を借りる際には両隣のベランダが汚れていないか確認しておくといいでしょう。